看護師の求人、資格とその種類、職業の特徴について詳しく解説するサイト『看護師の求人手引書』

●●●看護師の待遇●●●

【待遇、勤務形態】

看護師の仕事には昼間の日勤だけでなく夜間勤務などもあり、ある程度不規則な勤務形態も
あることを理解しておきましょう。
その他看護師の待遇について、収入や福利厚生の面などを説明します。

【夜勤】

入院施設のある勤務先であれば、看護師とって夜勤は避けて通れないものです。
看護師の勤務形態は主に2交代制と3交代制があり、夜勤にあたる勤務時間に対しては
夜勤手当が支給されます。
2交代制とは勤務時間を日勤、夜勤の2つに分けたもので、3交代制の場合は、24時間を
日勤、準夜勤、深夜勤の3つに分けたものになり、交代のタイミングで次の担当者に患者の
状態や注意点などの申し送りを行います。
しかし看護師の激務、患者との接触時間の低下など様々な問題もあり、優秀な看護師の確保
という観点からもできるだけ看護師の負担を減らそうとする動きもあります。
最近では準夜勤や深夜勤の時間を減らしたり交代時刻をずらしたりと、看護師の負担が減る
ような様々な工夫を凝らしている病院もあります。

【収入】

看護師の初任給は一般のOL、事務職と比べると比較的高いのが特徴です。
しかし看護師としての職務の責任、夜間勤務の手当などが含まれているので、決して楽な
職業というわけではありません。
これから看護師を目指す方は、看護師としての職務の重大さ、勤務時間、収入面での満足度を
十分に考えることが大切です。

【休暇】

看護師は激務とのイメージを持っている人も多いかもしれませんが、最近では週休2日の
勤務形態を採用する病院も増えており、労働条件はかなり改善されてきました。
また看護師として就職すると、一般の企業と同じように年次有給休暇が与えられます。
ほとんどの病院が労働基準法に定められた有給休暇を採用していますし、その他にも
介護休暇や育児休暇も取得できます。